<< 世界で高さ3番目、羽田の新管制塔が運用開始(読売新聞) | main | 救助直前、別の車にひかれる=男性死亡、2台目逃走−福島(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


派遣村の所在不明者さらに10人“帰宅” 残り140人に就活費再支給はなし(産経新聞)

 年末年始に住居がない失業者に宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」で、就活費の支給直後に最大250人近い所在不明者が出た問題で11日、新たに10人が施設に戻ってきたことが都の調査で分かった。残る所在不明者は計140人となった。

 都によると、宿泊先の労働者用臨時宿泊施設「なぎさ寮」(大田区)の入所者名簿は同日午後9時現在、前日から4人退所して542人。一方、同日の夕食配ぜん数は402人分で前日から10人増えた。

 外出したまま戻らない人は77人と前日から1人増え、行方不明者は63人と15人減った。都は10日、無断外泊者を退寮処分にする内容の通達を施設に掲示しており、戻ってきた人から事情を聴いて処分を判断する。

 就活費の現金2万2千円には施設が閉所される18日までの昼食代が含まれている。都は「戻ってきた人のなかに、たとえ支給金が底をついた人がいても、新たな就活費や昼食は支給しない」としている。

【関連記事】
就活費再支給が目的か? 派遣村の不明者約90人戻る
派遣村で国に皮肉 「お気の毒」で済むのか
就活費で酒、たばこ…「公設派遣村」悪質入所者に返金要求へ
“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超の見込み
年越しの公設派遣村に700人超 「食事が豪華すぎて、今後との落差が怖い」

龍馬とサンゴ“合体”これぞ高知と地元名工(読売新聞)
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
複数年度予算で有識者検討会=財政再建目標も議論−国家戦略室(時事通信)
<脱税低額宿泊所>入所者、月1〜4万円で調理・事務担当(毎日新聞)
「社会的影響無視できず」大麻所持の田原元騎手に有罪判決 京都地裁(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 08:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
情報商材レビュー
探偵事務所
クレジットカード現金化
情報起業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM