<< <平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞) | main | <間寛平さん>米サンフランシスコに到着 放射線治療のため(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)

 北朝鮮に残る「よど号」ハイジャック事件のメンバーら6人が日本人拉致事件に関する逮捕状の撤回を求めず、帰国後は拉致事件解決に協力するとの意向を示したことが20日、訪朝した支援者の話で分かった。
 事件は1970年3月に発生。9人がよど号を乗っ取り、北朝鮮へ渡ったが、小西隆裕(65)、若林盛亮(63)、赤木志郎(62)、魚本(旧姓安部)公博(62)の4容疑者が残り、リーダーだった故田宮高麿氏の妻森順子(56)、若林容疑者の妻佐喜子(55)両容疑者も共に生活。このうち魚本、森、佐喜子容疑者には拉致事件で逮捕状が出ている。
 訪朝した支援者によると、最福寺(鹿児島市)法主の池口恵観氏を団長とする「日朝友好文化交流団」の13人が今月13〜17日に訪朝。平壌市内のホテルで15日、小西容疑者ら6人と面会した。
 池口氏が早期帰国を求め、「日本国民として拉致事件の解決に協力したらどうか」と説得したところ、小西容疑者らは「解決に協力する。拉致事件での逮捕状にこだわらない」と回答。政府との帰国交渉については「(池口氏に)一任する」と伝えた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、軍事訓練を異例の視察〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
あの日、何が起きたのか〜9.11テロ ドキュメント〜
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕米同時多発テロ

民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
情報商材レビュー
探偵事務所
クレジットカード現金化
情報起業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM