スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


対処方針、28日中に決定=普天間移設(時事通信)

 平野博文官房長官は28日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題に関する日米共同声明を受けた政府の対処方針について、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)の同意が得られなくても、同日中に臨時閣議を開いて決定する方針を示した。平野長官は「その方向で進めている」とした上で、福島氏の説得に「最後まで努力する」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
脱北者経営や同性愛の店を摘発…上野・湯島集中取り締まり(産経新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)

<日本新聞博物館>「新聞活用教室」に80人が参加 横浜(毎日新聞)

 学校教材として新聞を活用するNIE(エヌ・アイ・イー=教育に新聞を)の実践例を紹介する第75回「新聞活用実践教室」(毎日新聞社など主催)が15日、横浜市中区の日本新聞博物館で開かれ、小中高教諭ら約80人が参加した。

 日本NIE研究会の妹尾彰会長が「いま、なぜ新聞活用か」と題して特別講演。「新聞を読むことで、子供たちの社会への関心が飛躍的に広がったり、読解力や文章力が身に着く」と述べた。神奈川県逗子市立逗子小の鈴木雅史教諭は実践報告で、「記者派遣など外部機関の活用を推進したい」と話した。

 記者報告では、毎日小学生新聞イラストレーターの内山大助さんが普段の仕事ぶりについて作品を交えて紹介した。次回は6月12日午後2時、東京都千代田区の毎日ホールで。

【関連ニュース】
朝鮮戦争60年写真展:兵士や民衆の姿200点−−きょうから /神奈川

空自技官、収賄容疑で逮捕=千歳基地の工事入札で便宜−北海道警(時事通信)
公務員法改正案 午後に衆院通過(産経新聞)
車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
車の下で男性死亡 脱輪から復旧中に病死? 仙台  (産経新聞)
婚活 コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)

小沢氏、聴取応じる意向(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、小沢氏が3回目となる東京地検特捜部の事情聴取に応じる意向であることが13日、関係者の話で分かった。東京第5検察審査会(検審)が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けて、特捜部が12日に要請していた。

 特捜部はほかに、陸山会の元会計責任者、大久保隆規被告(48)、元会計事務担当で衆院議員の石川知裕被告(36)、元会計事務担当の池田光智被告(32)の元秘書3人にも聴取を要請。いずれも応じる意向。

 小沢氏の再聴取では、石川被告ら元秘書3人による政治資金収支報告書への虚偽記載に対する認識を改めて確認し、3人との共犯関係が成立するかどうかを判断する。

 特捜部は2月4日、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして、3人を起訴。小沢氏については「公判で共犯として有罪判決を得るだけの証拠はない」として嫌疑不十分で不起訴処分にした。

 一方、民主党幹部は13日、小沢氏が出席する意向を示した衆院政治倫理審査会の開催時期に関し、「(24日から始まる)再来週」との見通しを示した。国会の審議状況などをにらみ最終判断するとみられる。

痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う−警察庁(時事通信)
菅財務相 雌伏の日々「5月政変」に備え?(毎日新聞)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め−政府(時事通信)
鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)

死亡7人全員の身元確認=札幌グループホーム火災(時事通信)

 札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で3月、入所者7人が死亡した火災で、北海道警札幌北署は26日、身元確認中だった遺体が西池ハルさん(92)と判明したと発表した。これで7人全員の身元が確認された。 

宮城県沖震源、岩手など震度3…津波心配なし(読売新聞)
<大極殿>平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典(毎日新聞)
校長自殺報告書訴訟、名誉棄損を否定…最高裁(読売新聞)
阿久根市、元係長に給与支払わず…判決無視(読売新聞)
25日までに普天間閣僚会議=官房長官が下地氏に伝える(時事通信)

<間寛平さん>米サンフランシスコに到着 放射線治療のため(毎日新聞)

 マラソンとヨットでの世界一周「アースマラソン」に挑戦中、前立腺がんが見つかったタレントの間寛平さん(60)が、放射線治療を受けるため米サンフランシスコに到着した。担当医師によると、治療は約7週間に及ぶ見込みという。現地時間の20日に会見した間さんは「必ずマーキングしたところへ帰って、またスタートしたい。一日も早く日本に着けるように頑張ります」と話した。

【関連ニュース】
間寛平さん:イラン映画に主演 世界一周中に
間寛平さん:アースマラソン一時中断 米で治療
間寛平:「完走するために決めました」アースマラソンを一時中断 前立腺がんの放射線治療で
沖縄国際映画祭:「ラン アンド ラン」ビーチで上映 間寛平さん、中継で登場
間寛平:ようやく… がん治療のため米国へ

首相一転「資料提出必要ない」…偽装献金事件(読売新聞)
総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減−総務省推計(時事通信)
<大阪弁護士会>高校生にも法教育 府内270校で出前授業(毎日新聞)
<中国電力>部長が自殺 島根原発調査担当(毎日新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)

拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)

 北朝鮮に残る「よど号」ハイジャック事件のメンバーら6人が日本人拉致事件に関する逮捕状の撤回を求めず、帰国後は拉致事件解決に協力するとの意向を示したことが20日、訪朝した支援者の話で分かった。
 事件は1970年3月に発生。9人がよど号を乗っ取り、北朝鮮へ渡ったが、小西隆裕(65)、若林盛亮(63)、赤木志郎(62)、魚本(旧姓安部)公博(62)の4容疑者が残り、リーダーだった故田宮高麿氏の妻森順子(56)、若林容疑者の妻佐喜子(55)両容疑者も共に生活。このうち魚本、森、佐喜子容疑者には拉致事件で逮捕状が出ている。
 訪朝した支援者によると、最福寺(鹿児島市)法主の池口恵観氏を団長とする「日朝友好文化交流団」の13人が今月13〜17日に訪朝。平壌市内のホテルで15日、小西容疑者ら6人と面会した。
 池口氏が早期帰国を求め、「日本国民として拉致事件の解決に協力したらどうか」と説得したところ、小西容疑者らは「解決に協力する。拉致事件での逮捕状にこだわらない」と回答。政府との帰国交渉については「(池口氏に)一任する」と伝えた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、軍事訓練を異例の視察〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
あの日、何が起きたのか〜9.11テロ ドキュメント〜
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕米同時多発テロ

民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)

<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)

 新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表は12日午前、東京都内で記者団に対し、夏の参院選の獲得目標議席について「最終的には民主党の単独過半数を制さなければならないので、少なくとも10議席獲得という目標を掲げている」と述べた。同日午後から与謝野馨共同代表らメンバー5人による候補者選考を本格化する。比例代表で10人以上、選挙区では東京などに4〜5人を擁立する方針で、候補者の公募も検討する。

 また、同党の園田博之衆院議員は11日、フジテレビの番組で、現在5%の消費税率について「なるべく早い時期にあと5%はお願いしなければいけない。本来は最終的にあと10%は必要だが、国民生活が向上しないと無理だ」として、10%に引き上げる必要があるとの認識を示した。同党は10日発表した基本政策で消費増税を明示しなかったが、参院選のマニフェスト(政権公約)には具体的な引き上げ率を盛り込む方針だ。【野原大輔】

【関連ニュース】
新党:「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず
新党:参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成
新党:「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任
新党:「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任
たちあがれ日本:10日結成 党名不評「長過ぎる」

チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査−兵庫県警(時事通信)
家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か−宮崎県警(時事通信)
コンビニ侵入に失敗の後、路上強盗を自作自演(産経新聞)
京都御所 桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)
原人事官の再任を閣議決定(産経新聞)

放鳥トキの卵確認=自然界で産卵初めて−環境省(時事通信)

 環境省によると、新潟県佐渡市で産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアの巣に、卵があることが7日、確認された。放鳥トキが自然界で産卵した初めてのケースという。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟
放鳥トキ2組が営巣=初確認、繁殖に期待

<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)
興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
雑記帳 「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)
首相動静(4月2日)(時事通信)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(4)中国製食品「とにかく怖い」 (産経新聞)

<国民新党>亀井郁夫副代表 今夏の参院選に不出馬を表明(毎日新聞)

 国民新党副代表の亀井郁夫参院議員(76)は31日、毎日新聞の取材に対し、健康上の不安を理由に、今夏の参院選広島選挙区(改選数2)に立候補しない考えを明らかにした。

【関連ニュース】
参院選:民主・木俣議員不出馬 愛知選挙区、比例代表も
自民:参院選の候補者2人を発表
自民党:谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け
国民新党:参院選比例代表にプロレスラー擁立
自民党:参院選公認候補7人を発表

元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
ほろ酔いで法律話…「弁護士バー」開店へ(読売新聞)
対北制裁、4月以降も継続=官房長官(時事通信)

建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)

 熊本県玉東町発注の公共工事で、入札前に予定価格を聞いていたとして、熊本県警捜査2課などは25日、競売入札妨害容疑で、同町の建設会社「玉稲開発」社長井上善行(49)=同町稲佐=、同社社員田口竜二(48)=熊本市戸坂町=両容疑者を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2007年10月ごろ、玉東町が発注した道路整備工事で、入札前に予定価格を聞いた疑い。
 同課は5日、同町発注の別の工事をめぐり、同社とは違う業者に設計金額を漏らしたとして、同町建設課課長補佐松田幸二容疑者(44)を同容疑で逮捕しており、松田容疑者が今回の事件でも予定価格を教えた疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄
神栖市職員ら4人を逮捕=競売入札妨害で
元岩出市部長ら3人を逮捕=競売入札妨害容疑
二審も改めて無罪主張=宮崎談合・汚職で安藤前知事

<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)
教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
郵政改革法案の最終案、首相「まだ調整必要」(読売新聞)
<キレる児童>指導法を記述 文科省解説書案(毎日新聞)
神奈川の男性2人不明=中央アルプス宝剣岳−長野県警(時事通信)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
情報商材レビュー
探偵事務所
クレジットカード現金化
情報起業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM